ブログ

BMW 318i マスターバック交換

2017年12月10日

今回の修理は、お客様が「時々ブレーキの効きが悪くなる」というお申し出でご入庫してきました。

試運転をすると確かに、ブレーキの効きが悪くなるときがあります。

各部を点検した結果、マスターバックの不良が原因で、効き不良が起きていると思われます。

まず初めにブレーキタンク、マスターシリンダとABSユニットを外していき、マスターバックを目指していきます。


こちらが、マスターシリンダを外した状態のマスターバックです。
ブレーキペダルを踏むと、マスターバックが大気圧とエンジンの負圧の圧力差を利用して、踏力を倍増させます。

この車はマスターバック内にバキュームポンプからのエンジンオイルが流入し、ゴムシールが劣化した為に機密性が悪くなりブレーキの効き不良が起きたと考えられます。

写真からでもマスターバック内へのエンジンオイルの流入が確認できます。


マスターバックを交換し、取り外した各部品を元通りに組み付け、ブレーキ配管のエア抜き(ブレーキオイル交換)をします。

次に今回の主原因となった、バキュームポンプをNEWパーツと交換します。

試運転の結果、制動不良も無くなり、本来のBMWらしいブレーキフィーリングになりました。

最後にBOSCH診断器(KTS)にてブレーキシステムの点検をし、ブレーキテスターにて制動力を測定し充分な制動力が得られているのを確認し、作業終了です。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

ダイハツ ムーヴラテ オイル漏れ

2017年12月5日

今回のブログは珍しく国産車の修理です。
ブログには出てきていませんでしたが、国産車の修理ももちろん受け付けております。

お客様から、「駐車場に黒いしみがあるけど、オイル漏れてないかな?見てほしい。」と点検のご依頼でした。

点検の結果、チェーンカバーとオイルパンからオイル漏れがありました。
2箇所ともエンジン組み立て時に液体ガスケットを塗布してある場所なので部品交換というよりは、ガスケットの塗り直しになります。
作業工程上、タペットカバーを脱着するので、タペットカバーガスケットは同時交換です。
チェーンカバー、オイルパン側です。
残っている液体ガスケットを綺麗に取り除いてから、再度組み付けになります。
最後にオイル漏れの点検をして作業完了です。
駐車場の「黒いしみ」なかなか気付けないですが、車の異常を見逃さない大事なサインだと思います。

ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

R50 MINI エアコン修理

2017年10月29日

宜野湾店の岡村です!!

今回はMINIクーパーのエアコン修理についてです。


この作業に入るためには、事前にリークテスターを注入する等の「準備期間」が必要です。

コンプレッサーやコンデンサーなどに漏れがなく、車内のエバポレーターしかありえない!!ぐらいの点検をします。

エアコンユニットが取り外された状態です。

エバポレーターはエアコンユニットの内部にあるため、たいていの車両はここまで脱着をしないとアクセスできません。
そして問題のエバポレーターです。

右側が緑に変色しているのが分かります。

リークテスターを注入した結果です。
漏れ方にもよりますが、エアコンガスは気体のため通常は目視での確認ができません。

冷却水やオイル類の漏れとは違い、探求に時間がかかるケースが多いです。

そのお車といかにコミュニケーションをとるかが重要な、今回の修理でした。

https://www.facebook.com/m.i.c098

宜野湾店facebookに「いいね!」お願いいたします(^^)

 

 

カテゴリー:M.I.Cオートサービス宜野湾, 仕事

アウディTT ドアロック修理

2017年9月11日

アウディTT ドアロック不良で入庫です。

点検の結果ドアロックアクチュエーターの交換になりました。
ドアトリムを外して、さくっと交換です。
ドアロックアクチュエーターの故障は、予兆があることが多いので、完全に動かなくなる前に交換することをおすすめします。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

987 ケイマンS エンジン異音修理

2017年9月5日

今回はポルシェ ケイマンSのエンジン異音修理です。

まずは音の確認から。
音は「タンタンタン‥‥」といった感じの音です。
音の周期はエンジン回転に比例していて、タペット音に似ています。
左バンクからということは分かったので、点検のためタペットカバーを外してみます。

 


カムシャフトやラッシュアジャスターに異常はありませんでした。

次はプラグを外してシリンダー内部をファイバースコープで点検です。
結果は、シリンダーの壁面が傷だらけです‥
エンジンを分解して修理することになりました。
エンジンを降ろして分解していきます。
ポルシェのエンジンは「エンジンを割る」という表現がぴったりです。


傷だらけのシリンダーです。

おそらく、ピストンが振ってシリンダーに当たり、異音が発生していたのでしょう。
この症状、よくあるみたいです。


シリンダー修理、新品のピストンを付けてエンジンを組み立て。
最終チェックをして作業完了です。




カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

コルベット C6 クランクプーリー交換

2017年5月14日

車検で入庫のコルベットですが、クランクプーリーが大きく振れているのを発見しました。
プーリーが振れているとベルト鳴きが出たり、ベルトのテンショナーが壊れたりと‥
とにかく早急に交換です。
振れの原因はプーリー本体のダンパーの劣化です。


クランクプーリーの交換をしていきますが、これがなかなか大変です。
ステアリングのタイロッドエンドを外し、ギヤボックスをうまく逃がし、とんでもなく固く締まったボルトを緩めるとやっとプーリーが外れます。



ボルトとワッシャーも新品を組み付けて完成です。

コルベットによくある故障なので、定期的に点検したほうがよさそうです。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

VW トゥアレグ エンジンチェックランプ点灯

2017年4月10日

VW トゥアレグ エンジンチェックランプ点灯で入庫しました。


テスターを使って故障診断をしていくと吸入空気量にエラーが出ています。
エンジンルームを点検すると、ブレーキのバキュームパイプに亀裂を発見しました。

この亀裂から外気を吸ってしまい、空気量がずれてエンジンチェックランプ点灯となったわけです。
パイプのほかの部分にも亀裂があったので結果的に全交換になりました。
このバキュームパイプは自動車のブレーキにとって非常に重要な部品です。



今回のようにエンジンチェックランプが点灯していた時、エンジンの故障だけではなく、
ブレーキ関連の部品が故障していることもありますのでランプが点灯したときは早急に点検を
することをおすすめします。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

BMW X3 サンルーフ修理

2017年3月12日

お久しぶりです!

宜野湾店ストアマネージャーの岡村です。

今回はBMW X3のサンルーフが作動しないという不具合でご入庫です。

テスターで確認しながらスイッチ操作をしてもコントロールユニットは全く操作を認識しません。

「スイッチ不良かな?」と思いスイッチを点検すると、カプラーが外されていました。

「これだ!!」と思った半面「怪しいな・・・」と頭をよぎります。

実際にカプラーを取り付けると動きはするものの、ぎこちない・・・。

 

というわけで各所点検の結果、部品の破損が判明しました。

ルーフライニングをとりはずします。

 

 

 

 

 

続きを読む

カテゴリー:M.I.Cオートサービス宜野湾, 仕事

ジャガー XJ ボールジョイントブーツ交換

2017年2月12日

ジャガー XJ 車検で入庫いただきました。

リアのアームのボールジョイントブーツほぼすべてに損傷がありました。
もちろんボールジョイントブーツの損傷は保安基準に適合しません。
ブーツのみを交換すれば済む話なのですが、なんと部品供給はアームごと。

アーム全部を交換したらかなり高額になってしまいます。
ブーツが破れただけで修理代が何十万円というのはさすがに‥

なので今回は汎用のブーツを使用してのブーツ交換で対応しました。


交換前のブーツ
ボールジョイントそれぞれのサイズを計測して、対応できるものを選んでいきます。


こちらが交換後です。
今回ブーツ交換をしたアームです。
写真は片側ですが、作業は両側行いました。
全部で20数箇所ありました。

ブーツのみの交換で作業工賃はかかってしまいますが、アームを全て交換することに比べ、かなり費用を抑えることが出来ました。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

メルセデス C180コンプレッサー CPUオイル混入

2016年12月2日

dscn07361カムマグネットからオイル漏れがあり、そこからエンジンオイルがワイヤーハーネスを伝いECUや各センサーが故障する恐れがありワイヤーハーネス交換をしました。

まず最初に、エアクリーナーとエアマスを外します。

インジェクタやインテークマニホールドに繋がっている配線やホース類が見えてきました。途中ワイヤーハーネスの抜        けるクリアランスが無く、スーパーチャージャーを外しました。(予想外の展開でした)

 

dscn07541これが、カムマグネット交換後でエンジンオイル漏れも無くなり綺麗になったエンジンです。

エンジンオイルがワイヤーハーネスを伝い、エンジン不調を起こす心配もなくなりました。

メカニックになって8カ月、新人メカニック、初めてのブログでした。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

pagetop