ブログ

アウディTT ドアロック修理

2017年9月11日

アウディTT ドアロック不良で入庫です。

点検の結果ドアロックアクチュエーターの交換になりました。
ドアトリムを外して、さくっと交換です。
ドアロックアクチュエーターの故障は、予兆があることが多いので、完全に動かなくなる前に交換することをおすすめします。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

987 ケイマンS エンジン異音修理

2017年9月5日

今回はポルシェ ケイマンSのエンジン異音修理です。

まずは音の確認から。
音は「タンタンタン‥‥」といった感じの音です。
音の周期はエンジン回転に比例していて、タペット音に似ています。
左バンクからということは分かったので、点検のためタペットカバーを外してみます。

 


カムシャフトやラッシュアジャスターに異常はありませんでした。

次はプラグを外してシリンダー内部をファイバースコープで点検です。
結果は、シリンダーの壁面が傷だらけです‥
エンジンを分解して修理することになりました。
エンジンを降ろして分解していきます。
ポルシェのエンジンは「エンジンを割る」という表現がぴったりです。


傷だらけのシリンダーです。

おそらく、ピストンが振ってシリンダーに当たり、異音が発生していたのでしょう。
この症状、よくあるみたいです。


シリンダー修理、新品のピストンを付けてエンジンを組み立て。
最終チェックをして作業完了です。




カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

コルベット C6 クランクプーリー交換

2017年5月14日

車検で入庫のコルベットですが、クランクプーリーが大きく振れているのを発見しました。
プーリーが振れているとベルト鳴きが出たり、ベルトのテンショナーが壊れたりと‥
とにかく早急に交換です。
振れの原因はプーリー本体のダンパーの劣化です。


クランクプーリーの交換をしていきますが、これがなかなか大変です。
ステアリングのタイロッドエンドを外し、ギヤボックスをうまく逃がし、とんでもなく固く締まったボルトを緩めるとやっとプーリーが外れます。



ボルトとワッシャーも新品を組み付けて完成です。

コルベットによくある故障なので、定期的に点検したほうがよさそうです。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

GW休業のご案内

2017年4月14日

4月29日~5月5日まで休業とさせていただきます。

5月6日より通常営業しますのでよろしくお願いいたします。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, M.I.Cオートサービス宜野湾, お知らせ

VW トゥアレグ エンジンチェックランプ点灯

2017年4月10日

VW トゥアレグ エンジンチェックランプ点灯で入庫しました。


テスターを使って故障診断をしていくと吸入空気量にエラーが出ています。
エンジンルームを点検すると、ブレーキのバキュームパイプに亀裂を発見しました。

この亀裂から外気を吸ってしまい、空気量がずれてエンジンチェックランプ点灯となったわけです。
パイプのほかの部分にも亀裂があったので結果的に全交換になりました。
このバキュームパイプは自動車のブレーキにとって非常に重要な部品です。



今回のようにエンジンチェックランプが点灯していた時、エンジンの故障だけではなく、
ブレーキ関連の部品が故障していることもありますのでランプが点灯したときは早急に点検を
することをおすすめします。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

ジャガー XJ ボールジョイントブーツ交換

2017年2月12日

ジャガー XJ 車検で入庫いただきました。

リアのアームのボールジョイントブーツほぼすべてに損傷がありました。
もちろんボールジョイントブーツの損傷は保安基準に適合しません。
ブーツのみを交換すれば済む話なのですが、なんと部品供給はアームごと。

アーム全部を交換したらかなり高額になってしまいます。
ブーツが破れただけで修理代が何十万円というのはさすがに‥

なので今回は汎用のブーツを使用してのブーツ交換で対応しました。


交換前のブーツ
ボールジョイントそれぞれのサイズを計測して、対応できるものを選んでいきます。


こちらが交換後です。
今回ブーツ交換をしたアームです。
写真は片側ですが、作業は両側行いました。
全部で20数箇所ありました。

ブーツのみの交換で作業工賃はかかってしまいますが、アームを全て交換することに比べ、かなり費用を抑えることが出来ました。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

年末年始のお知らせ

2016年12月16日

12月28日~1月4日まで休業とさせていただきます。

1月5日より通常営業しますのでよろしくお願いいたします。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, M.I.Cオートサービス宜野湾

メルセデス C180コンプレッサー CPUオイル混入

2016年12月2日

dscn07361カムマグネットからオイル漏れがあり、そこからエンジンオイルがワイヤーハーネスを伝いECUや各センサーが故障する恐れがありワイヤーハーネス交換をしました。

まず最初に、エアクリーナーとエアマスを外します。

インジェクタやインテークマニホールドに繋がっている配線やホース類が見えてきました。途中ワイヤーハーネスの抜        けるクリアランスが無く、スーパーチャージャーを外しました。(予想外の展開でした)

 

dscn07541これが、カムマグネット交換後でエンジンオイル漏れも無くなり綺麗になったエンジンです。

エンジンオイルがワイヤーハーネスを伝い、エンジン不調を起こす心配もなくなりました。

メカニックになって8カ月、新人メカニック、初めてのブログでした。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

ポルシェ 996 ティプトロ オイル漏れ

2016年11月14日

ポルシェ 996 オイル漏れ修理で入庫いただきました。
まずは車をリフトに上げて点検です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAティプトロニックのオイルパンからオイル漏れをしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAオイルパンを外し、ガスケットと同時に中に有るストレーナーも交換です。

あとは元通りに組み付け、油温を確認しながらATFを規定量給油していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当たり前ですが、組み付け後はしっかり清掃して最後に漏れのチェックを行います。

これで作業完了です。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

BMW E92 M3 エンジンチェックランプ点灯

2016年11月6日

今回はBMW M3のエンジンチェックランプが点灯したとの事でご入庫いただきました。

まずは兎にも角にもテスター診断♪

フォルトに空燃比とスロットルの制御系統のエラーが入っていました。(なんとアバウトな・・・)

M3はスロットルのモーターがよく故障するのでもしや・・・

まずは外して作動を確認していきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA大きなインテークマニホールドを外してスロットル部分をむき出しに。

テスターを駆使しつつ作動を確認していきます。

う~ん・・・順調に動いてる・・・

推測で部品交換するにも、スロットルのモーターは値段が高すぎます。

 

お客様に説明をして、まずはスロットルの清掃をして様子を見て頂くことに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA“ビフォーアフター”をと思ったら、ビフォーの画像がない

(;・∀・)

・・・・・・

異物が入らないように慎重に・・・

清掃をして、アラッ!こんなに綺麗に!!w

しばらく試運転の後に一旦ご返却させていただきました。

後日お客様よりご連絡いただき、チェックランプは消えたまま順調との事。

心なしかエンジンの吹け上がりも良くなったと喜んでいただけました。

カテゴリー:M.I.Cオートサービス名古屋本社, 仕事

pagetop